So-net無料ブログ作成
検索選択

アメリカ 少女誘拐監禁事件の真相 ケイティ・ビアーズ【動画】 [衝撃ニュース]

アメリカ 少女 誘拐 監禁 事件 真相 ケイティ ビアーズ 動画 世界 仰天ニュース

アメリカで起きた少女誘拐監禁事件が話題になっていますね。



4C5A029B87D32FCE1EEB41A3B9475.jpg
※出典:http://specials.msn.com/news/kidnapping-survivors-ss?imageindex=18&cp-searchtext=Katie%20Beers

今回はこの9歳の少女ケイティ・ビアーズ
誘拐監禁された事件について紹介したい
と思います。



スポンサーリンク









ケイティ・ビアーズの幼少期


1990年、アメリカ・ニューヨーク州にある
ロングアイランドに9歳の少女ケイティ・
ビアーズは母親のマリリンと二人で暮らし
ていました。

マリリンは女手一つでケイティを養ってい
たため、毎日朝も夜も働き詰めていました。
しかし、それでもやっと2人分の生活費を
賄える程度の収入しかありませんでした。

そのためにケイティは、マリリンが働きに
出ている間はマリリンの友人であり、ケイ
ティの名付け親でもあるサルバトーレ、
リンダ・インギレリ夫妻に預けられていま
した。

しかし、ケイティはこのインギレリ夫妻と
うまく関係を築くことができず、サルバト
ーレもリンダも、何かあるとすぐにケイテ
ィを叱りつけていました。

もちろん始めのうちは”しつけ”として叱
っていたのですが、いつの間にかしつけも
エスカレートしていき、虐待とも言える程
の暴力を振るうようになり、ケイティの身
体には痣ができる程でした。

マリリンはそんなケイティの痣などに気づ
いていたのですが、インギレリ夫妻以外に
頼れる人がいなく、見て見ぬ振りをしてい
ました。

こんな日々を送っていたケティは、リンダ
とサルバトーレの前では顔色を伺うように
なり、2人の前では常に笑顔でいるように
努めたのです。

笑顔でいることでリンだとサルバトーレの
機嫌を少しでも損なわないようにすること
で自分の身を守ろうと考えたのです。

Katie-Beers-head-shot.jpg
※出典:http://captivehumans.com/katie-beers/

しかし、そんなケイティがインギレリ夫妻
の家にいても心が休まる時がありました。

それは近くに住むジョン・エスポジートと
いう男性がインギレリ夫妻の家に遊びに来
る時でした。

ジョンは建設の仕事をしながら気ままに独
り暮しをしており、しばしばインギレリ夫
妻の家に遊びに来てはケイティと遊んでい
たのでした。

そしてジョンが遊びに来ている時だけは、
リンダもサルバトーレもケイティに暴力を
振るうことはなく、ケイティも安心してい
たのでした。

次第にケイティはジョンに心を開き、会う
ことを楽しみにするようになっていきまし
た。

ケイティ・ビアーズの失踪


そんな過酷な日々を過ごしていたケイティ
が10歳の誕生日を迎える2日前の1992年
12月28日、ケイティはジョンから誕生日
プレゼントをもらう約束をしていました。

Katie-Beer.jpg
※出典:http://www.irishmirror.ie/news/world-news/katie-beers-how-being-kidnapped-2999381

そのため、ジョンの自宅へと遊びに行った
ままケイティの姿は消えてしまったのでし
た。

その後ケイティからリンダ宛に留守電話で
「私はナイフを持った男に誘拐されてしま
いました」というメッセージが残されてい
ました。

即座にジョンが容疑者として浮かび上がり、
尋問をしましたが、ジョンの話しでは一緒
に屋内遊園地に遊びに行った後ででケイテ
ィは誰かに誘拐されたと主張しました。

それだけでは不十分でジョンの家の家宅捜
索もされたのですが、ケイティ失踪の手が
かりになるものは何ひとつ出てきませんで
した。

ケイティ・ビアーズの発見


ケイティが失踪してから17日後、一度は
家宅捜索を受けたジョンの自宅に地下室が
作られており、そこに監禁されていたケイ
ティが救助されました。

FBIの超能力捜査官であるジョン・モンティ
がジョン・エスポジートの話している映像
を見て彼が犯人で家の地下室に監禁してい
ると感じ、それをもとに警察が再びジョン
の自宅を捜索し地下室を発見したというの
です。

ジョンは監禁の容疑で逮捕され、ケイティ
に対する強姦は否認していましたが、逮捕
から20年以上経った2013年9月、ケイティ
への強姦を認め、その直後に心臓発作によ
り独房の中で亡くなりました。

john-esposito-katie-beers-kidnapping-ftr.jpg
※出典:http://hollywoodlife.com/2013/09/05/katie-beers-captor-john-esposito-dead-prison-cell/

ケイティ・ビアーズの監禁生活


ケイティが監禁されていた地下室は、建設
の仕事に携わっていたジョンが1人で1年半
も掛けて作ったものでした。

しかも、はじめからケイティを監禁するた
めに作ったもので、1年半もの間ケイティに
とって”いいおじさん”を演じながらも監禁
するタイミングを見計らっていたのでした。

そんな地下室は四方をコンクリートで固め
られ、当然窓もありませんでした。
部屋にはテレビとトイレとマットレスだけ
しかなく、ケイティを拘束するための鎖が
あるだけでした。

ap_katie_beers_dm_130115_mn.jpg
※出典:http://abcnews.go.com/topics/news/elisabeth-fritzl.htm

ケイティは心を開いていたジョンに監禁さ
れ始めのうちはショックを受けていました、
インギレリ夫妻と同様に、ジョンの機嫌を
損なわないように笑顔で接するように努め、
ジョンの言いなりになることで自分を守ろ
うとしました。

そうすることで、ジョンの性的虐待にも耐
えながら、警察によって救助されたのでした。



ケイティ・ビアーズのその後


救助されたケイティは成人するまで、擁護
施設で生活し、現在では結婚もして2人の
子供ローガンとハリーと共にアメリカの
ペンシルバニア州で幸せに暮らしています。

Katie-Beers.jpg
※出典:http://www.irishmirror.ie/news/world-news/katie-beers-how-being-kidnapped-2999381

そして、2013年にケイティは幼少期の思い
出と、誘拐監禁事件について告白した自伝
「Buried Memories: The Katie Beers Story」
を出版してアメリカ中で話題となりました。


Buried Memories: Katie Beers' Story


Help Me: A Vulnerable Girl. A Dungeon Hell. A Staggering True Story of Survival





スポンサーリンク






nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。